生前贈与や税金のことなら!


新時代の生前贈与と税務
(平成22年度税制改正対応版)

 

生前贈与の注意点

生前贈与とは、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与える行為です。個人の財産は、各個人の意思により自由に処分できるのが原則です。また生前贈与は、将来負担すべき相続税を抑えるとい目的のために利用されます。


さて、生前贈与の際の注意点として、次の4点を確認する必要があります。まずは、贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておくこと。次に、遺産分割のトラブルとならないように注意すること。さらに、贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておくこと。最後に、相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算ることを確認することです。


実際の生前贈与のやり方をみてみます。贈与税は暦年課税で、1年間に基礎控除額が110万円です。つまり、年間で110万円以下の贈与については課税されず、申告も不要ですので、一番シンプルな生前贈与の方法です。でもそう簡単に節税になるのでしょうか?


一般のサラリーマン家庭においては、生前贈与が相続税対策に役立つかどうかは定かではありません。というのも、相続税には税金のかからない基礎控除や、配偶者税額軽減などの優遇措置があるからです。相続税対策として生前贈与を活用するには、被相続人の資産状況の把握が必要です。


生前贈与していても実は税金がかからない状況だった、なんてことになっては意味がないですよね。このシステムをよく使われる場合としては不動産などの土地の相続など多額の金額が動く時ですから税のことなどは詳しい人が多いでしょうから心配はないと思いますが、しっかり確認しておきましょうね。

生前贈与の注意点 | Comment(51) | TrackBack(3) | 生前贈与

生前贈与のメリット

生前贈与とは、相続税対策の一つとして、生前に資産家から相続予定者等に資産を贈与することです。財産を、生前に贈与することで、将来負担すべき税金(相続税)を押さえるために利用します。生前贈与は、相続税対策のひとつとして利用されている制度です。


ところで、生前贈与の際の注意点にはどのようなことがあるでしょうか?1.贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておくこと2.遺産分割のトラブルとならないように注意すること 3.贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておくこと 4.相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることを確認。以上の4点です。


生前贈与を活用した節税対策には、110万円の基礎控除を最大限利用することのほかに、配偶者控除を利用する方法があります。条件は、婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与であることと、居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与であることです。2000万円まで課税価格から控除できます。


相続税は、5000万円×法定相続人数という基礎控除や、配偶者税額軽減などの措置が取られているために、かなり多額の遺産総額の見込みがないと発生しないので、生前贈与などが税制上効果を生むケースはごく少数といえるかもしれません。


生前贈与を考えるほどになってくれば、収入や資産がそれなりの規模になっているということです。一般の人などはあまり縁がないシステムかもしれませんね。もちろん状況によっては必要となってくることも十分考えられるので予め知識を持っておいたほうがよいといえます。なにかと知識はあったほうが便利ですね。

生前贈与の注意点 | Comment(5) | TrackBack(0) | 生前贈与

生前贈与とは

生前贈与とは、文字通り、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与えてしまう行為です。各個人の財産は、各個人の意思によって自由に処分できるのが原則です。相続財産の処分は通常二つの方法で行われます。一つは、生前贈与で、一つは遺言(遺贈)です。


さて、生前贈与をするにも注意点の確認が大切です。その1.贈与税と相続税の節税額の分岐点の確認 その2.遺産分割のトラブルとならないように注意 その3.贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておく その4.相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることの確認。以上の4点です。


生前贈与の具体的な方法とはどのようなやりかたでしょう。それは、被相続人が健康なうちに基礎控除(年間110万円の贈与であれば、税金はかからない)を、うまく活用しながら、長期的な対策を行うことで相続の際に節税されるというものです。でも、そう簡単にうまくいくのでしょうか?


一般のサラリーマン家庭においては、生前贈与が相続税対策の一貫として役に立つかどうかは定かではありません。相続税対策として生前贈与を活用しようと考えているのであれば、まずは被相続人の資産状況を、しっかりと把握することが必要です。


やはり生前贈与が有効になってくると考えられる場合の人は少ないはずです。遺産の場合に問題が発生する場合は親族間の遺産相続が圧倒的に多いわけです。お金が絡んでくると、いかに血が繋がっていようとも揉め事が起こってしまうんですね。遺産相続が原因で人間関係がおかしくなってしまうこともあるので注意が必要ですね。

生前贈与の注意点 | Comment(2) | TrackBack(1) | 生前贈与