生前贈与や税金のことなら!


新時代の生前贈与と税務
(平成22年度税制改正対応版)

 

生前贈与とは

生前贈与とは、文字通り、被相続人が死亡する前に、自分の財産を人に分け与えてしまう行為です。各個人の財産は、各個人の意思によって自由に処分できるのが原則です。相続財産の処分は通常二つの方法で行われます。一つは、生前贈与で、一つは遺言(遺贈)です。


さて、生前贈与をするにも注意点の確認が大切です。その1.贈与税と相続税の節税額の分岐点の確認 その2.遺産分割のトラブルとならないように注意 その3.贈与契約書を作成し公証人役場で確定日付を取っておく その4.相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は相続財産として加算されることの確認。以上の4点です。


生前贈与の具体的な方法とはどのようなやりかたでしょう。それは、被相続人が健康なうちに基礎控除(年間110万円の贈与であれば、税金はかからない)を、うまく活用しながら、長期的な対策を行うことで相続の際に節税されるというものです。でも、そう簡単にうまくいくのでしょうか?


一般のサラリーマン家庭においては、生前贈与が相続税対策の一貫として役に立つかどうかは定かではありません。相続税対策として生前贈与を活用しようと考えているのであれば、まずは被相続人の資産状況を、しっかりと把握することが必要です。


やはり生前贈与が有効になってくると考えられる場合の人は少ないはずです。遺産の場合に問題が発生する場合は親族間の遺産相続が圧倒的に多いわけです。お金が絡んでくると、いかに血が繋がっていようとも揉め事が起こってしまうんですね。遺産相続が原因で人間関係がおかしくなってしまうこともあるので注意が必要ですね。

生前贈与の注意点 | Comment(2) | TrackBack(1) | 生前贈与
この記事へのコメント
Posted by 川崎 文憲 at 2012年08月22日 11:45
私の姪が4年前に離婚致しました。
子供は2人おり、父親の戸籍のまま、共にそれぞれ遠隔地で仕事をしております。(20才以上)
今年5月に父親が再婚しましたが、父親は子供達を子供と認めず別れたいと申してきました。父親は、国家公務員で来年には定年退職の予定です。子供達は、それならば、来年の退職金が出る時点でも良いから生前贈与のようなものが欲しいと言っております。
何とか解決してやりたいのですが、良い方法があれば教えて下さい、
 なお、別れた母親には、離婚後3年経過していたため、手切れ金は一切支払っておりません。
 
Posted by 川崎 文憲 at 2012年08月22日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3813959

ドーテーは売るものだそうですw
Excerpt: フーゾクですませたヤツ涙目だよね。逆に金貰ってドーテー捨てれるんだもん。おれの場合は6まんだったけど、男前ならもっと高額狙えるんじゃないかな?
Weblog: ブ男でも大丈夫w
Tracked: 2010-03-31 13:08